料理・返礼品 | 家族葬・直葬の葬儀なら埼玉県のさいたま斎苑へ

料理・返礼品

TOP >  料理・返礼品

通夜料理(お清め)

料理・返礼品
”通夜振る舞い”・・・・故人への供養の意味と弔問に対する御礼の気持ちを込めてお食事を振る舞います
通夜料理では、集まる人数や時間も不特定であり、全ての会葬者様が食事の席に立ち寄るとも限らないため、一般的に寿司・オードブルなどの盛り合せお皿料理を召し上がっていただきます。料理の数は、予想する会葬人数の全員分の料理を注文する必要はありません。親族や受付などをお手伝いいただく係りの方は、必ず召し上がることが多いので人数分の料理を依頼し、一般会葬者様の接待用のお料理を予想人数の6割~7割ほどで依頼することが多く見られます。ただし、各葬家のお付き合いの加減や地元の風習、亡くなられた方の年齢などにも影響されることもあり、料理を用意する数については様々な場合があります。


詳細はこちらをクリック

精進落し

料理・返礼品
葬儀が無事終了したことに感謝し、お寺様やお手伝い頂いた方、親戚の方へ、喪主や遺族がもてなします。
身内の死に直面したとき、四十九日まで肉食をさけ殺生を控える意味で ”菜食を中心とした精進料理を食す習わし”がありました。四十九日後、普通の生活に戻る区切りとして食べる料理を「精進落とし(精進上げ)」と呼び、それ以降は肉や魚を口にしてもいいとされていました。しかし、現在では通夜の席で寿司をふるまう事が多く、精進料理だけを食べる事はありませんが、習慣として、葬儀(繰り上げ初七日法要)後に行われる会食のことを「精進落とし(精進上げ)」と呼んでいます。


詳細はこちらをクリック

返礼品

料理・返礼品
会葬御礼
通夜・葬儀などにお参りいただいた方々に、感謝の気持ちを伝えるものです。お礼状やお清め塩、荷物にならないコンパクトな品物などを1つにまとめて、会葬いただいた方にお渡しいたします。
当日返し(即返し)
商品にお礼状と香典返しの挨拶状をセットし、会葬者様がご焼香をした後にお渡しいたします。香典をいただいた全ての方に同じ商品をお渡しいたします。


詳細はこちらをクリック

生花・供物

生花・供物
供花(きょうか)
霊前に供える供物および供花(きょうか)は、香典と同様に故人への弔意を表すために送る品物や花です。香典は一般の会葬者が持参しますが、供物や供花は故人や喪家の近親者や親しい間柄の人、または会社や団体関係から送るのが慣例とされています。


詳細はこちらをクリック